悔しいですが身長は多分遺伝が半分以上関係ありますね


第一次成長期は1歳から4歳までの時期を差していてこの間に赤ちゃんは2倍近くの身長に伸びます。この時期を過ぎると身長の伸びは緩やかになっていきますが、多少は身長が伸びていくので全く伸びないということはありません。その後身長が急に伸びだすのは思春期の時期でこれが第二次性徴期と呼ばれています。この時期が最も体が大聴くなる時期で最後の段階になり、その後は骨が伸びなくなり身長が変わらなくなるのです。遺伝と背の高さの影響は考えているより低いと言われています。一部の研究ではその影響力は25パーセントしかないと言われています。しかしながら背が高い親はその子供も背が大きいことがほとんどです。一方背が低い親からは背が低い子が育ちます。結果から見ると背の高さと遺伝の係わりは大きいのではないでしょうか。成長する時期に背が伸びない原因は多くありますが普段の生活が要因の場合は良くなるポテンシャルはあると思います。成長する時期に成長ホルモンが体内に出るのが遅いケースは成長期の後になることがありますが何か問題があって成長ホルモンが余り出ない場合は背が余り伸びません。また生活時代が乱れているケースでは成長ホルモンの出方が悪いです。睡眠につく時間が深夜である、寝る時間が少ないケースは成長ホルモンの分泌も悪化するでしょう。ニホンジンの平均的な身丈の伸びは鈍化しています。1948年に平均的な数値は160cmで2016年の数値は170cmという結果に。これを見るに約10cmは伸びていますね。でも直近の20年間を見ると平均値はほとんど変わりがありません。沿ういったことでニホンジンの平均的な背は打ち止めだという話と、それは一過性のもので今後も伸びるという議論があり、いずれも有力に思えます。低身長の括りとは100人の子供の内、最も身長が低い2人が低身長という括りになります。ただ沿うなると低身長というのはくらべただけの問題になります。身長が低い2人が該当するとなっているのですが他のケースで調べると低身長に該当しないこともあるでしょう。したがって低身長という括りになっても悪い症状に該当しているワケではないのです。もっとも著しく成長が無い場合は問題があるでしょう。身長が伸びない理由としてはテレビやゲームが原因だと言われることがあります。テレビやゲームが悪いのは睡眠不足になるからのようです。成長にとって睡眠不足は天敵であり子供の頃から長時間眠った方が背が高くなる可能性が高まります。また中であそぶ子供は外で運動しなくなることが多いのでこれも身長が伸びない原因になってしまいます。栄養が足りない状態は低身長の要因を作っていることになります。ここで言及する栄養とは身長を伸ばす体作りに必要な栄養素ということになります。大事な成長する時期に偏った食事をすることは成長する機会を失わせる原因になりかねません。さらに体を細くするために食事を減らすのも低身長の原因になる可能性が十分にあります。栄養バランスが良い食事をすると低身長になりにくいかも知れません。男女共通で高校を卒業する頃には成長期が完了するというこで問題ないでしょう。もっともそれ以降も成長していく人はいるので成長が足りなかったと言っても落胆することはないでしょう。しかし普通は二十歳くらいには身長の高さが最終的に定まります。そのあたりまでどのくらい成長させるかが重要と言えると思います。そして正しい情報を基に成長させるのが必須で間違ったことをしても余り意味はありません。背を高くするためにサプリメントが大切なのか?サプリメントを食べることは不正解ではない筈です。背を高くするサプリメントは今多くの商品が販売されていて迷うかも知れません。ですが食事だけでは無理なこともあるので自分に合ったサプリを選ぶことで成長するのを支えることができるでしょう。また体に問題がないことも確認してサプリメントを考慮するとgoodです。背丈を高くするためにはタンパク質とアエンが不可欠であるようです。成長する時期は3食でそれを摂取することが背丈を高くすることに重要であるようです。次いで運動することが推奨されますがスポーツ選手の全員が高身長ではありません。運動をするとなると大変沿うですが小さい子が外で何時間もあそんでいるだけでも良いようです。併せて眠りも大切で背丈が高い人の間では一日に10時間以上眠る人もいるくらいです。

本当にサプリメントで身長が伸びるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です